• トップ
  • 理事長・学校長あいさつ
  • 理念・建学の精神
  • 特徴
  • 資格取得支援
  • 沿革
  • 施設紹介
  • 年間行事
  • 自己評価報告書

学校案内

ホーム > 学校案内 > 特徴

特徴

ピア・カウンセリング教育で共に学び、共に成長

学生一人ひとりの夢や想いを実現させる活動、それがピア・カウンセリング教育です。
ピア(Peer)とは同僚とか仲間といった意味、それにカウンセリング(Counseling)を結びつけ、仲間同士の交流を通じて学び合う「仲間教育」を推進しています。

個性や資質を認めながら、共同して物を創る

mdcのクラス単位は約30名と少人数制です。これは学生間や担任教師、或いは多くの講師陣と切磋琢磨する最適な環境を得るためです。互いの立場を尊重しつつ他と切磋琢磨して学ぶことは、実際の職場における業務のあり方と何一つ変わりません。役割分担の中で、一つの目的を達成することは、例えばグラフィックデザインの現場にあっては、デザイナー、コピーライター、イラストレーター、カメラマンなどといった、様々な職種の人間が協動しているからできるのです。互いの感性を知り、尊び、時には批評をしあうことは極めて重要なのです。mdcでは、この互いに育ちあう教育を積極的に進めています。なぜならば、社会が必要としている人材は、最終的には人間性豊かな人材に他ならないと考えるからです。

ピア・カウンセリング教育に伴う学習指導方法

その授業の目的や達成目標により最適な学習指導方法を選択しています。

ピア・カウンセリング教育に伴う学習指導方法

教職員、講師ともに、学生の良きサポーターであり、全員が揺るぎない自信と確かな実力が持てるようマンツーマンのフォローを心がけ実践しています。その内容は学校生活だけのものでは決してありません。むしろ、その内容は学生一人ひとりに応じた様々な内容を秘めていることでしょう。
mdcでは提携クリニックのカウンセリングなどの協力も得て、学校生活からプライベートまで、一人ひとりの疑問や悩みに応じた良き相談相手として学生を見守っていきます。

[line]mdcコミュニティ

[twitter]mdc公式

[Facebook]mdc公式

mdc井上理事長の著書「ものづくりで輝く人生」

町田・デザイン専門学校 地震防災のしおり

町田・デザイン専門学校の校歌

FC町田 ゼルビア

さがまちカレッジ

2015年度専門学校ガイド(東専各協会)

厚生労働省 新卒応援ハローワーク

厚生労働省 東京労働省 新卒者・既卒者の皆様