mdc 学校法人 東京町田学園 町田・デザイン専門学校 0120-27-0204

学科紹介 - イラストレーション科

イラストレーション科

多彩な表現技術を学び、プロのイラストレーターを目指す。
将来の選択肢を増やせるグラフィックデザインも学べる。

グラフィックデザインの中で欠かすことのできない要素の1つであるイラストレーション。自らが描く表現力を伸ばすと共に、見る・聴く、そして考えて描く基礎力を徹底的に学びます。そして様々な表現方法を経験し、よりプロとしての可能性が見える表現とテクニックを確立していきます。また自らのイラストレーションを出版や広告、テレビ、インターネットなどのメディアで表現していくために、グラフィックデザインの基礎知識も学びます。

●イラストレーション専攻 ●リアルイラストレーション専攻 ●デジタルイラストレーション専攻 ●絵本専攻 ●ファッションイラストレーション専攻

■めざせる職種・資格
●イラストレーター
●グラフィックデザイナー
●絵本作家
●編集デザイナー
●装丁デザイナー
●広告クリエイター
●絵本作家
●アニメーター
●DTPオペレーター

■めざせる資格
●Illustratorクリエイター能力認定試験
●Photoshopクリエイター能力認定試験
●色彩検定

専門領域・専攻

イラストレーション科の主な専攻は5つ。それぞれの分野で活躍しているプロの講師陣がプロフェッショナルを育成します。

■ イラストレーション専攻
デザインのメインビジュアルとして、写真と同じようによく使われるのがイラストレーションです。
その表現方法は様々あります。時代とともに人気のスタイルは移り変わり、コミックイラスト、ゆるキャラ、絵画風、ペン画、毛筆、ドット絵、ハイコントラスト、カラフルなど、他にも多くのスタイルが世の中にあふれています。これらを幅広く学び、自分のスタイルを表現できるイラストレーターを育成します。

■ リアルイラストレーション専攻
イラストレーションの中でも特に写真のようにリアルに描かれたものをリアルイラストレーションと呼びます。
絵画の世界でも古くから慣れ親しまれた画風で、肖像画、図鑑、機械断面図などに多く見られます。物事を細部までよく観察して捉え、それを写し取る技術を習得して、リアルイラストレーターとして活躍できる人材を育成します。

■ デジタルイラストレーション専攻
近年は、イラストレーションの技法には大きく分けて2つの区別があります。アナログ(手描き)とデジタルです。
このうちコンピュータを用いて制作するイラストレーションが、デジタルイラストレーションです。アナログにも多くの手法があるように、デジタルにも多くの技法があります。それらの基礎技法と応用技法を身につけて、デジタルイラストレーターとして活躍できる人材を育成します。

■ 絵本専攻
誰でも子ども時代に触れたことのある絵本。絵で魅せるもの、ストーリーが楽しいもの。絵本の制作を通して、自身の描く世界をより深く探求していきます。
また最近人気が出てきているポエムやイラストを集めたイラストブック、そして、イラストで詩情あふれる世界を描き出すイラストエッセイなどの制作も行い、絵本作家として活躍できる人材を育成します。

■ ファッションイラストレーション専攻
イラストレーションの中でも特殊な位置づけにあるのが、ファッションデザインを表現するためのイラスト、ファッションイラストレーションです。
この専攻では、あくまでもファッションの勉強ではなくファッションイラストレーションの技術習得を目指して、デッサン力と色彩力さらに技法を身につけて、ファッションイラストレーターになれる人材を育成します。

学びのプロセス・カリキュラム

1年次でクリエイターとしての基礎力固めをしてから、
イラストレーション、グラフィックデザイン両分野の専門技術をバランス良く学べます。

[基礎クリエイティブ共通課程]を通して幅広い基礎知識を学びます
グラフィックデザイン科、イラストレーション科、Web・CGアニメーション科の3学科では、クリエイターの基礎固めとして3科共通内容の「基礎クリエイティブ共通課程」を1年次に行います。3科のアウトラインを学ぶこの共通課程により、次の各専門課程へ進んでからも幅広い視野が保てます。また、仮に入学してから進路変更をしたくなった場合でも、専門課程が始まる1年次後期開始までに変更を申し出れば3学科内でのスムーズな学科変更が可能になります。

01. 幅広い基礎知識を学ぶ
1年次(前期)
デッサン、平面構成など造形の基本をはじめ、Illustrator、Photoshopといったデザイナーに必要不可欠なコンピュータソフトの技術を修得します。
さらにグラフィックデザイン、イラストレーション、Web、3DCG、写真撮影など、これからのクリエイターが身に付けているべきスキルを幅広く学びます。

02. イラスト・グラフィックをしっかり学ぶ
1年次(後期)
イラストレーションとグラフィックデザインの専門課程が一部スタートします。
人まねの表現方法ではなく各人オリジナルな表現方法で、見る相手に確実に伝える訓練です。

03. 就職活動に向けた準備をします
2年次(前期)
専門課程がさらに深まります。様々な画材、タッチを学んで自分らしいイラストレーションを追求し、絵本・アニメーションなどへの展開も試みます。
同時にグラフィックデザインの幅広い分野を一通り勉強して就職活動での強みを作ります。

04. 就職活動・卒業制作開始
2年次(後期)
2年次前期までに修得したことをふまえて卒業制作を開始します。
また、グラフィックデザインの授業では、より具体的なメディア、ツールに展開した勉強をして、企業課題、実学実習など実社会で使用されるデザインへも挑戦します。

学びのポイント

■POINT1
徹底的に描く・試す・知る!!

イラストレーション科で最も大切にしていること、それは徹底的に描く、様々な画材や表現方法を試す、そして自分のスタイルを模索していくことです。イラストで表現することを生活や遊びの中から常に探し出し毎日描くこと、それがイラストレーターに向けての第一歩です。

■POINT2
表現力の幅を広げる

1年次に幅広く様々なアプリケーション・アナログ技法を経験し、自らのイラスト表現の幅を広げる期間があります。1年後半からイラスト作品を具体的に仕事に通用するレベルとしてグッズ展開や絵本制作などを行っています。

基本的には『描く』ことを優先的に考慮した学科ですが、イラストレーターとして自らのイラストをどういうカタチでアピールし、仕事に繋げていくかを経験するために、ブランディング・グッズ製作・パッケージデザインというカタチで作品に具体性を持たせるためのカリキュラムもあります。

作品紹介

イラストレーション科学生作品イメージ画像
イラストレーション科学生作品イメージ画像
イラストレーション科学生作品イメージ画像
イラストレーション科学生作品イメージ画像
イラストレーション科学生作品イメージ画像

講師

■杉原 幸子
 町田・デザイン専門学校 ビジュアルデザイン科卒
■鈴木 孝也
 町田・デザイン専門学校 ビジュアルデザイン科卒
■矢作 信雄
■野呂 麻美
 桑沢デザイン研究所卒/武蔵野美術大学卒
■田上 千晶
 成城大学文芸学部国文学科卒/セツ・モードセミナー卒
■三宅 和歌子
 多摩美術大学デザイン科卒
■平井 勝人
■河村 一孝
 町田・デザイン専門学校ビジュアルデザイン科卒
■清水 沙
 町田・デザイン専門学校 ビジュアルデザイン科卒
■日下 文孝
■箕輪 吉修
 町田・デザイン専門学校ビジュアルデザイン科卒
■名取 さくら
 町田・デザイン専門学校ビジュアルデザイン科卒

入学をお考えの方入学をお考えの社会人・大学卒・短大卒・フリーターの方体験入学 説明会 相談会資料請求

やりたいコトがきっとみつかる

建築デザイン科インテリアデザイン科グラフィックデザイン科イラストレーション科Web・CGアニメーション科まんが科コミックイラスト科雑貨・プロダクトデザイン科
Copyright © Machida Design Collage All rights reserved.