mdc 学校法人 東京町田学園 町田・デザイン専門学校

入学をお考えの方

大学・社会人のみなさま

大学卒業後、大学から進路変更、社会人からのスキルアップ。「専門学校」で高度なスキルを身につけ、新たな一歩へ。

実力主義の時代。君たちが本当にやりたいことに気づいたら「専門学校」でパワーアップしましょう。
専門学校の要は“職業教育”。高度で専門的な知識と最新のスキルが身につけられるので、就職にも有利。
実際景気に左右されることなく、高い就職率を誇っています。

■大学・短大・社会人などから入学した人の割合 ■既卒者がmdcを選んだ理由(複数回答)

必要なこと、やりたいことに気づいたら「専門学校」でパワーアップしよう!
自信がもてる「学習暦」を得るために最もふさわしいのは専門学校の「職業教育」です。
実力主義といわれる現代、どこで学んだかという「学暦」への評価が衰退し、何を学んだかと言う「学習暦」に対する評価が大きな要素をもってきました。社員研修のコストを削減したい多くの企業では、「即戦力」を求めるようになり、その際に見定められるのが「どんなスキルを身に付けているか」というのが「学習暦」なのです。
大学は学問を深く追求し教養を養う場ですが、職業教育としての機能は不十分です。
同じ高等教育機関の一つである「専門学校」は、職業教育を主目的としており職業スキルや資格を得ようとする 人々のニーズに最も対応できるのです。大学との大きな相違点は、 臨機応変なカリキュラム改編が認められており、 時代が求める最新のスキルに合った教育を絶えず実践しているところです。
デザイン分野を主とする「文化・教養分野」は他の分野にあてはまらない多種多様な学科が分類されており、時代の流れを先取りした学科が続々と誕生しています。いずれの学科も短期間で高い専門性と実践力を身に付けることを目指してカリキュラムが組まれており就職状況は良好です。特に首都圏では学んだ専門性を生かして就職する機会が豊富です。
専門学校の全卒業生数の80.4%が就職しているのに対し、短大は70.2%、大学に至っては67.6%の就職者に留まっています。また、景気に左右されること無く、高い就職率を誇っているのが専門学校の就職状況です。

■mdcで新たな第一歩を踏み出した先輩からのメッセージ

工務店で職人として働いていた時に、もっと上に立ちたいと思い資格を取るためmdcへ進学しました。今は施工管理の仕事で内定をいただいていますが、将来は独立をしたいと思っています。mdcの良いところはアットホームなところと人脈を作れる機会が多いところ。町田の地域と密着したイベントが結構多いし、学科もいろいろあって個性的だし。だから将来は学科を超えて一緒に仕事できたらいいなって思っています。mdcはやりたいことが可能になる場所ですからね。

高校生の時、美術大学進学も考えましたが、もっと上の人が目指す場所だと思い国文学を学べる大学に進学しました。でも勉強する意味を見失い3年生の時に退学、フリーターをしながら進学費用を貯めました。mdcに入学する時、もう1回将来を選べるチャンスが来たのかなって思いました。今は尊敬しているアートディレクターがいるのでその方の下で経験を積みたいと思っています。できれば独立をして自分の事務所を持ちたいというのが今の目標です。

20歳を迎えた時に自分のやりたいことは何だろう…と真剣に考えたんです。よく考えた果見る側から、作る側になりたいと思ったことがきっかけでプロダクトデザインに興味を持ちました。技術を身に付け、作品の販売をする機会にも恵まれ、今は内定先も決まり、目標もあります。つきなみですけど、人生1度しかないので、自分がやりたいと思ったことに突き進んだほうがいいんじゃないかなと思います。

入学をお考えの方入学をお考えの社会人・大学卒・短大卒・フリーターの方体験入学 説明会 相談会資料請求

やりたいコトがきっとみつかる

建築デザイン科インテリアデザイン科グラフィックデザイン科イラストレーション科Web・CGアニメーション科まんが科コミックイラスト科雑貨・プロダクトデザイン科
Copyright © Machida Design Collage All rights reserved.