• トップ
  • 理事長・学校長あいさつ
  • 理念・建学の精神
  • 特徴
  • 資格取得支援
  • 沿革
  • 施設紹介
  • 年間行事
  • 自己評価報告書

学校案内

ホーム > 学校案内 > 理事長・学校長のごあいさつ

理事長のごあいさつ

学生の満足度を最優先

いま、国を挙げた教育改革の歩みが加速しています。
すでに本学では、いろいろな課題に対して仲間同士で創造力を開発しあう「ピアカウンセリング(Peer.C)」教育を実践しております。本校独自の教育システムで、仲間意識を通じて「思考力」と「人間力」を高めることに非常に役立っております。また、「学び方」にeラーニングをいち早く導入、産学連携においては20年以上前から取り入れている、体験入社・インターンシップ制度や学びながら企業体験ができるデュアルシステムは職業実践専門課程を越えた学び方改革といえましょう。この結果、就職率は毎年98%を越え、作家としてデビューを果たす学生も年々増えております。
こうした時代に適応した教育の歩みは停滞することはありません。創立40年を迎えた今日、アカデミックな教育をはじめ通信教育を併せたリカレント(学び直し)教育を重視し、学びながら働く、働きながら学ぶ、学ぶ一人ひとりの目線に合わせた教育開発を進めております。さらに、高等教育機関が55年ぶりに改正され、大学・短大・専門学校に加え「専門職大学」「専門職短期大学」の法案が成立しました。これまでの総括と捉えてすでにグランド等、用地の確保を完了しております。
創立40周年を機に、これからも学生の満足度を最優先に、より質の高い高等教育機関へと邁進してまいります。

理事長 兼 学校長 井上 博行

理事長に質問!

Q1.40年前創立時のおもいは?

職業教育の先進国ドイツ方面に何度も足を運び、徹底して「マイスター」「バウハウス」「ディアルシステム」制度を研究して、尚且つ、日本の伝統・文化を取り入れて「建学の精神」等を組み立てました。

Q2.なぜ中規模校を意識するのですか?

人はそれぞれ個性・感性・創造力に違いがあります。創立以来「個」を大切に育成してきた由縁には、30名前後の少人数制が必要であり、施設設備などの充実もしやすいからです。

Q3.なぜ東京町田を選んだのですか?

町田・相模原は都心に近く中核都市として発展し続け便利で、キャンパスは駅から近く閑静。学生にとってインターネットで探すより物価が安く買えるってホント!地元に密着!先生方は多方面から集まり、まさに出前教育!

Q4.なぜ総合デザインなのですか?

基礎に絵心、色彩感覚、美的センス・・・。素材こそ違いますが、平面・立体・空間・デジタル等、ものづくり・アートの構成がクロスで学べるなど。生涯を通じて、美しく生きる、人を楽しませ自分も楽しみながらメイクマネーに結び付けられるからです。「デザイン」には終着駅がありません・・・。

Q5.mdcのこれからの夢を語ってください!

学生の健康を第一とした学食支援制度や、働きながら学べる、学びながら働くといった企業とのディアル実習制度を導入した校内工房教育・ベンチャー育成・マンガなどのデビュー館構想等です。

[line]mdcコミュニティ

[twitter]mdc公式

[Facebook]mdc公式

mdc井上理事長の著書「ものづくりで輝く人生」

町田・デザイン専門学校 地震防災のしおり

町田・デザイン専門学校の校歌

FC町田 ゼルビア

さがまちカレッジ

2015年度専門学校ガイド(東専各協会)

厚生労働省 新卒応援ハローワーク

厚生労働省 東京労働省 新卒者・既卒者の皆様